英語は読んで書いた量の多い者勝ち

世の中にはさまざまな英語の勉強方法が溢れています。
日本人は読み書きは得意だけれども、聞いて話すことが苦手だと言われていますので、それを強化することが大切だ、と人々は信じています。でも本当にそうなのでしょうか。

日本の学校で習う読み書きは、あくまでも英語から日本語、日本語から英語の翻訳の延長上にしかありません。長い文章のまとまりを読んだり書いたりするトレーニングは、残念ながら学校では受けられません。

「英語ができる人」は、おそらく膨大な量の英語を読んできています。文章も英作文のレベルを超えた量を書いてきています。その知識と経験があってこそ、相手の言うことが理解でき、それに対する受け答えができるのです。

英語力をつけたいと思っているなら、薄くても良いので、興味を持てそうなペーパーバックを1冊、辞書に頼らずに読んでみましょう。読み進める内に、細かいことは分からなくても、流れは分かるようになってきませんか?1回目で分からなかったら、もう一度読み返してみて。

そうすれば、英語の世界が明るく見えてきませんか?

コメントは停止中です。