通訳は安心材料なのだと思った

私は海外にいる時に、日本から来た英語がわからない人に少しだけ通訳をしたことがあります。お店のレジでなんだか困っているようで、聞きなれた言語が聞こえてきたのでなんとなく耳に入ってきたのです。

その時を振り返ってみると、通訳は人を安心させられる存在なのだなと思いました。海外旅行に行く際、特に日本人が尻込みする理由の一つが「日本語が通じないから」です。これによって不安は余計に大きくなるのだと思います。でも、通訳がいるツアーだったら敷居は一気に低くなります。だから、人間がコミュニケーションツールとして使っている言葉が通じるというのは、それだけですごく安心感を与えられるのだと思いました。言葉が通じれば海外でのトラブルも起こらないですし、自分も相手も不快な思いをしなくて済みます。海外旅行前に英会話スクールに通う方が多いがいるのも納得です。

ホテルでは英語圏ではない外国の人にエレベーターの中で話しかけられ、フロントでも通訳というか、お手伝いをしたことはあります。フロントの人でも対応できたのかもしれませんが、助けられたのは良かったなと思います。