文法より、単語より、発音が一番重要

文法や単語をマスターしても、そこに美しい発音が伴っていなければ、自信を持って会話をすることができません。なので、個人的には英語を学ぶうえで一番大事なのは、発音だと思っています。
私は発音を身につけたいと思い横浜の英会話教室に通い始めました。
発音さえうまくできれば、少々文法がおかしかくとも、適切な単語を使えなかったとしても、相手に通じるんですよね。それに、あまり難しい単語って、日常会話の中では使いませんよ。そんなのどこで使うの?みたいな、専門すぎる単語を覚えたとしても、それを使うことはほぼ無いです。それよりも、もっとわかりやすい単語を駆使し、自然な発音で話すことの方が、よっぽど英語をマスターするうえで有益だと思うんですけどね。実際、洋画を視聴していても、日本人が大学受験で学ぶような、専門的な、もっと言えば、まどろっこしい単語はほとんど使われていません。もっと簡単な単語で、文法を組み立てているんですよね。それは私たち日本人も一緒で、日常会話の中で、専門用語が出てくることってそうそうありませんよね。そのあたりのことに着目して英語学習をしてみると、また違った成果が上がると思います。

コメントは停止中です。