ゴルフクラブの3つの種類とその特徴

ゴルフのクラブは大きく分けるとウッドとアイアン、パターに分かれます。これらはそれぞれどのような特徴を持っているのかというと、まずウッドは飛距離を出すためのもので、ゴルフの花形クラブです。ヘッドが大きく、長い作りになっているため飛距離を出すのに適していますが、他のクラブに比べて芯でヒットするのには技術を要します。数字が小さいウッドほど距離が出やすいですが、ボールが上がりにくくなっています。次にアイアンです。アイアンは狙った場所にボールを運ぶためのものです。ヘッドは板状に薄くなっており、長さも短めです。アイアンもウッドと同様、数字が小さいものほど距離が出ますが、ボールを上げにくくなっています。また、バンカー脱出用のサンドウェッジなどもあります。最後にパターです。これはグリーン上でボールを転がすためのものです。これらのクラブはルールでは14本までなら何本用意しても良いとなっていますが、ゴルフ初心者の場合は、まずは12本を目安にそろえるようにすると良いでしょう。
PR|お家の見直ししま専科|住宅リフォーム総合情報|健康マニアによる無病ライフ|貯蓄|内職 アルバイト|女性向けエステ.com|工務店向け集客ノウハウ|ショッピングカート|初値予想|英語上達の秘訣|オーディオ|家計見直しクラブ|お小遣いNET|英語上達の秘訣|GetMoney||アフィリエイト相互リンク|